コラム

コラム

【トレーニング】トレーニングの3原理5原則

公開:2019/08/31更新:2020/01/23
こんにちは。
町田のパーソナルトレーニングジム、Lifeby53代表の野本です。
 
 
トレーニングには、3つの原理と5つの原則というものがあるってご存知でしたか?
 
Lifeby53の「53」はここからきています。
 
 
 
【トレーニングの3原理】
 
<過負荷の原理>
 
これは、日常生活以上の負荷がかからないと体力は向上していきませんよ、という意味です。
 
日常的にトレーニングをしている方であれば、さらなる体力の向上を目指す場合はトレーニングの強度を徐々に上げていかなければなりません。
 
 
<可逆性の原理>
 
トレーニングで得られた効果は、トレーニングを辞めてしまうと少しづつ失われていく、という意味です。
 
急激に向上させた体力は失われていくのも早く、継続してトレーニングをして徐々に向上させた体力は、失われていくのも遅いのです。
 
 
スラムダンクの桜木花道みたいですね。
 
 
<特異性の原理>
 
カラダは行ったトレーニングに対してのみ効果が表れます。
 
ちょっと分かりにくいですよね。
 
つまり、上半身のトレーニングばっかりやっていても上半身は強くなるけど下半身は強くならないし、ランニングばかりしていても持久力はつくけど筋肉はつきませんよ、という意味です。
 
だから、得意なトレーニングばかりしていると全体のバランスが崩れていってしまいます。
 
 
 
【トレーニングの5原則】
 
<漸進性の原則>
 
体力の向上に合わせて少しずつトレーニングのレベルを高める必要がありますよ、という意味です。
 
例えばトレーニングを始めたばかりの頃、ベンチプレス30kgを10回上げるのが精いっぱいだったとします。
 
でもトレーニングを積み重ねていくと、30kgを10回だと余裕でこなせるようになってきます。
 
そうなったら、次は重さを35kgに上げるとか、回数を15回に増やすなど、レベルアップさせていく必要があります。
 
<反復性の原則>
トレーニングの効果はトレーニングを行ってすぐに得られるものではなく、継続していくことで初めて効果を得ることができますよ、という意味です。
 
トレーニングをしたことがある方なら実感としてわかるかと思いますが、筋トレしてもすぐに筋肉はつきませんし、すぐには痩せませんよね。
 
「継続は力なり」ですよ!
 
<全面性の原則>
 
筋力だけでなく持久力や柔軟性など様々な要素を鍛え、腕の筋肉だけでなく背中や脚の筋肉など全身をバランスよく鍛えることで、総合的に体力を向上させることができますよ、という意味です。
 
腕ばかり鍛えてて脚がガリガリだとか、
 
すっごいマッチョだけど走ったら1分でバテバテだとか、
 
それじゃアカンやろ!!って話です。
 
 
<個別性の原則>
 
当たり前の話ですが、人によって体力レベルや体の特徴は全然違いますよね。
 
年齢や、性別や、過去の病気や怪我や、トレーニングの目的などを考慮して、トレーニングメニューを組みましょう、ということです。
 
大手フィットネスクラブなら仕方ないとしても、パーソナルジムなのに会社で決められた全員同じメニューをこなすジムもあるみたいです。
 
う~ん、それってパーソナルジムの意味あるのかな?って思っちゃいますよね(^^;
 
 
<意識性の原則>
 
トレーニングの目的や効果を理解したうえで、トレーニングを行うことにより、よりトレーニングの効果を上げることができますよ、という意味です。
 
筋トレしていても、どこの筋肉を使っているのか意識するのとしないのとでは、効果が全く違います。
 
フィットネスクラブで働いている時に、お客様から「ダンベルフライをやっても胸に効いている感じがしない」と相談を受けたことがあります。
 
その時に、「ここをこう意識してみてください」とアドバイススタだけで、「おぉー!!めっちゃ胸に効いてる!!」と言われたことがあります。
 
僕がやったことは、フォームの改善ではなく、ダンベルを持ち上げる時に体のどこをどうするのかのイメージを伝えただけです。
 
それだけで効果が劇的に改善されました。
 
 
 
 
 
今回も最後までお読み頂きありがとうございました(^^)
 
町田のパーソナルトレーニングジム Lifeby53 
美ボディ作りのプロ教師 野本拓矢

Information

■施設情報

Life by 53 (ライフバイフィフティースリー)
〒194-0013 東京都町田市原町田2丁目8-1町田KKビルB1
TEL:042-732-3674
E-mail:info@lifeby53.com
代表トレーナー 野本

JR横浜線 / 町田駅 徒歩9分